建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ペリメーターゾーン(ぺりめーたーぞーん)
 
 ペリメーターとは、ある平面(またはエリア)の周辺部分のことで、事務所ビルなどに使われる空調(空気調和)概念である。

 事務所ビルは、熱負荷の特性から、執務空間であるインテリアゾーンと、際のペリメータゾーンに分けられる。

 インテリアゾーン(室内ゾーン)は照明やOA機器の発熱、また人間の熱によって、年間を通して冷房が必要である。

 それに対して、ペリメータゾーン(窓際ゾーン)は、外気温や日射などの影響を受けて熱流が変化し、夏は冷房、冬は暖房が必要となる。

 ペリメータゾーンは窓のガラス面からの輻射熱、および対流熱の影響を受ける範囲であり、一般的には窓から3〜5m程度と考えられる。
広告
TAKUMI Amazonへ