建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


平均地盤(面)(へいきんじばん:めん)
 
 凸凹ある敷地において建物が接する地盤面のこと。

 平均地盤面とは建築基準法上の概念である。高さの制限などは、平均地盤面を基準にして測りだす。

 建物が建つ地面を地盤面というが、地面に傾斜がある場合には、建物が接する地面の平均の高さが地盤面になり、それを平均地盤面という。

 下の図で、建物が着色した部分で地面と接していれば、着色した部分の面積の合計を、建物の周長で割ったものが平均地盤面になる。

 3メートル以上の高低差がある場合には、3メートル毎にくぎって平均地盤面が算出される。そのため、一つの建物に複数の地盤面があることになる。 
広告
TAKUMI Amazonへ