建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


歩金(ぶきん)
 協力(≒下請け)会社が元請け会社に対して支払うお金。

 通常は、仕事は元請けから下請けに対して発注され、仕事をすることの見返りに、下請けの施工者に対してお金が支払われる。この場合には歩金は発生しない。

 ある業種が分離発注となって、その部分の工事費が発注者から施工者に直接に支払われると、元請けは現場管理費を施工者から徴収できなくなってしまう。

 たとえば、分離発注を受けた業者は、足場など元請けが施工した仮設資材を、無料で使用することになる。こうした諸費用を元請けに対して支払うことがあり、これを歩金と呼んでいる。

 設備屋さんが該当することが多く、歩金は共益費とか、協力金などと呼ばれることもある。 
広告
 
TAKUMI Amazonへ