建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ブリーディング(ぶりーでぃんぐ)
 
 コンクリート打設後、砂利といった骨材鉄筋セパレーターなどの下に遊離水がとどまること。もしくは骨材が沈み、遊離水が浮き上がってくる現象のこと。

 すべての遊離水がコンクリートの表面まで浮き上がってくれれば良いが、一部の水は骨材や鉄筋セパレーターなどの下にとどまる。

 水が骨材などとの間に存在すると、骨材とコンクリートが充分に付着せずに、コンクリートの強度に影響を与える。そのため、コンクリートが硬化をはじめてから、再度バイブレーターを入れて、水や空気を強制的に追い出す作業が必要である。

 コンクリートの表面近くは、ブリーディングで浮き上がった不純物が集まりやすいので、タンピング@が必要である。
広告
breading 
  
TAKUMI Amazonへ