建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


分筆(ぶんぴつ)
 登記簿上の土地を分ける作業。

 土地を数える単位はとよび、1筆毎に登記されているので、測量によって土地を分割し、それを登記簿上に反映させる作業を分筆という。

 分筆をすることによって連続した土地が、公法上でも別の土地となる。

 隣地の所有権者と敷地の境界について合意し、それを測量して図面におこし、登記することによって確定する。

 数筆を纏めることを合筆というが、合筆には測量は不要である。

 分筆は土地家屋調査士の仕事である。
 
もっと詳しくはココをクリック。