建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


(ふし)
@ 木材にあっては、幹からへとつながるための基礎になる部分で、その切断面が見えたもの。

 下の写真のような生き節(木部と一体化して抜けない)と、死に節(節が抜けて穴があいてしまう)がある。節の部分は、他の部分よりもズッと硬い。

 節のない木材は、若木のうちから人工的に枝打ちし、生育と共に節の後を樹皮にくるませたものである。そのため、削り込んでいくと節が現れる。

 
A 竹の幹にあらわれる継ぎ目で、内部では下の写真のように上下の境になる区切りがある。
広告
@
Afushi