建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


負圧(ふあつ)
 屋外に比べて室内の気圧が低いこと。

 水が高いところから低いところへ流れるように、空気のあるところでは、高い圧力の空気が低い圧力の空気へと侵入し、同じ気圧になろうとする原則が支配している。

 換気扇などで排気を続けると、閉め切った室内は負圧になる。反対に空気を押し込んでやると、気圧の高い正圧となる。

 室内が負圧になると、屋外と同じ気圧にしようとして、隙間から風が入り込んでくる。また、流入する空気で扉などが急に閉まったりする。

 トイレに換気扇をかけてを負圧にすると、ドアの隙間から廊下などの空気が流入する。トイレを負圧にすると、汚臭は廊下などに出ていかずに換気扇で屋外に排出される。

 トイレを正圧にしてしまうと、トイレの空気が汚臭をのせて廊下などに流出してしまう。
広告