建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


桧皮葺き(ひわだぶき)
 
 桧皮とはヒノキの樹皮のことで、の樹皮を使って葺いた屋根を桧皮葺きという。

 柿葺き(こけらぶき)が薄く割った板や桧板を使うのに対して、桧皮葺きは桧の立木から剥いだ樹皮だけをつかって屋根を葺く。

 桧皮をすこしずつズラして重ね、竹釘で固定していく。最後に先を切りそろえて完成させる。下の写真は模型である。

 日本古来の屋根葺き材だが、が輸入されるにつれて、格下の建物に使われるようになった。しかし、時代が下るにしたがって、桧皮葺きは格式の高い建物に使われるようになってきた。
広告
hiwada
写真は桧皮葺師の徒然日記から借用
TAKUMI Amazonへ