建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


非常ベル(ひじょうべる)
 
 火災などを発見した人が、火災の発生を知らせるために押す警報器。非常警報器設備ともいう。

 収容人員50人以上、または地階及び無窓階の収容人員の合計20人以上の建物に、消防法によって設置が義務付けられている。防災設備屋さんによって施工される。

 確認申請をだす時の消防同意で、非常ベルの設置が確認される。起動装置、音響装置(サイレンを除く。)、表示灯、電源及び配線により構成されている。音響装置までの水平距離が、各階で25メートル以下となるように設けることとされている。

 火災がなく誤報と確認した時には、火災復旧スイッチを<復旧>にすると、警報が鳴り止む。非常ベルは誤報が多い。
広告
警報赤ベル パナソニック(Panasonic)
 
TAKUMI Amazonへ