建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


避難(階段)(ひなん:かいだん)
 
 火事など非常の場合に、危険を避けるために、安全な場所へと移動することを避難という。

 建築では、建物外へでて地上へと移動することを避難といい、原則として地上へ到達して以降は、個々の建物では考えていない。そのため地上階を避難階と考えている。

 地上階(=避難階)に至る経路は耐火構造と、内装不燃材料で仕上げることを要求される。避難経路には、誘導灯を設置しなければならない。

 5階建て以上の建物などでは避難階段の設置が必要である。また、避難階段への出口には、誘導灯を設置しなければならない。

 避難階段は幅900以上で、耐火構造の壁で囲むか、耐火構造の屋外階段とし、避難階まで直達すること。

 非難階段への出口に設置する扉は、常時閉鎖式の防火戸とし、避難する方向へ開くなど、さまざまな規制がある。 

 より大規模な建物には、より防災性にとんだ特別避難階段が必要になる。
広告
hinan
 
TAKUMI Amazonへ