建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


表面割れ(ひょうめんわれ)
 
 表面が急速に乾燥すると、内部の乾燥が追いつかず、表面に細かい割れが発生すること。

 表割れともいい、人工乾燥させた丸太によくおきる現象である。

 昔ながらの自然乾燥で、ゆっくりと乾燥させれば表面割れはおきないが、自然乾燥では含水率を15〜17%以下にするのは容易ではない。

 最新の人工乾燥工法は、材が高温になった状態で、一気に90度〜100度で高温高湿処理(高温セット)をして、乾球温度120度、湿球温度90度の高温セットを24時間行うようになっている。そのため、割れが発生しに難くなっている。
広告
TAKUMI Amazonへ