建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


(びょう)
 
 のような形をしている止め金物を一般に鋲と言う。

@ 舗装された道路敷地境界標を示すために使われる金属で、大小や長さもさまざまにある。

 下の左写真のように、プラスチック製のリングをはめて使う場合もある。基準点に使われる大型の表示金属は、鋲と言わないことが多い。

 アスファルト舗装された部分に使うときは、車の通行などによって飛びやすいので、注意が必要である。


A 道路面に埋め込む反射鏡を鋲という。


B 鉄骨造において鉄骨を接合するために使ったリベットを鋲と言ったが、最近ではハイテンションボルトを使うようになったのでボルトという。
広告
@鋲
 
TAKUMI Amazonへ