建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


広縁(ひろえん)
 
 和室の南側に面して設けられた、細長い板の間の部分のこと。

 板敷きの部分を縁とか、縁側といい、幅の広い縁を広縁という。入側ということもあり、部分的にが敷かれることもある。

 ふつうの縁側の幅は、3尺(≒91cm)程度だが、広縁は、4尺 (≒120cm)以上の幅のものを、呼ぶことが多い。 

 縁側は、通路として使われるほかに、室内と屋外との接点としての役割をもち、和室に余裕をもたせたり、気軽な応接スペースとして活用されることもある。

 下のような広縁では、廊下の和室側の半分を畳敷きにすると使いやすい。
広告
TAKUMI Amazonへ