建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


樋端(ひばた)
 
 敷居鴨居の溝をつくる両側の高くなった部分の総称。

 外側を外樋端(そとひばた)、中央のを中樋端(なかひばた)ともいう。また、中樋端はともいう。

 溝の底は、中央が凸になるようにつくると建具の走りがよい。かつては埋め樫をしたが、最近では敷居スベリを貼ることが多い。

 に接する場合は、樋端の外側は糸面とし、廊下側の踏み下げは一分面とするのを定法とする。
広告
TAKUMI Amazonへ