建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


筆界(確認書)(ひつかい:かくにんしょ)
 登記された1の土地の境を筆界(ひつかい、または、ふでかい)といい、筆界をたがいに確認したものを筆界確認書という。

 筆界は所有権境と一致することが多いが、隣地の所有者とのあいだで敷地の所有権のさかいを、合意したときに取り交わす書類は、境界確認書である。しかし、境界確認書と筆界確認書は、同じ意味であることが多い。

−「筆界」は、民間人同士の合意によって決まるものではなく、民間人同士で決めるのは所有権界である。そのため、「筆界確認」ではなく、「境界確認」が正しい表現ではないでしょうか。−
という指摘を受けました。筆界は法務省が決めるもので、指摘のほうが正しいので訂正し、境界確認書という項目をたてました。しかし、筆界確認書も通用していますので、この項目を残します。


 隣接地の所有者同士で立ち会いを行い、隣地境界線を確認した後、下記の表書きに測量図を添付して、隣接2者で取り交わすことが多い。隣接3者もしくは4者で取り交わすこともある。

 土地の分筆をするときには、必ず必要になる書類であり、売買後にも有効とする例が多い。下記は<タクミ ホームズ>が使っている境界(筆界)確認書。
広告

         境 界 (筆 界) 確 認 書


   ○○ ○○○         (以下「甲」という。)と
   ○○ ○○○         (以下「乙」という。)とは
 土地の境界(筆界)に関し、平成    年   月    日現地において立会し、次のとおり確認した。

  1.境界(筆界)を確認した土地の表示
   甲の土地  ○○○○○○○○○○○○○○○        
   乙の土地  ○○○○○○○○○○○○○○○        
  2.甲及び乙の境界(筆界)の状況
   別紙測量図朱線のとおり

   以上のとおり甲及び乙は、それぞれの境界(筆界)を確認したことを証するため、この確認書を2通作成し、各自その1通を保有する。なお、本境界(筆界))確認書の効力は、所有権譲渡後も譲受人に継承される。

                   平成    年   月    日

   住 所   ○○○○○○○○○○○○○○○       
甲             TEL             
   氏 名      ○○ ○○○        印



   住 所   ○○○○○○○○○○○○○○○      
乙             TEL             
   氏 名      ○○ ○○○        印



       港区南青山2-15-11 南青マンションズ201号
   【 匠 総合事務所】 土地家屋調査士   永山  裕
    TEL:03-6804-6140    FAX:03-6804-6146
TAKUMI Amazonへ