建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


引渡(証明書)(ひきわたし:しょうめいしょ)
 
 建物の完成後に、請負者から発注者に所有権を完全に移すことを引渡しという。このときに工事完了した旨の引渡証明書が発行される。

 新築中の建物は、材料を提供した請負者もしくは施工者の所有物であり、支払われた工事金額に応じて、注文者へと所有権が移っていく。そのため、完成支払いと同時に所有権は注文者に移ると考えられている。

 工事が終了しても完成時の支払いが済まないと、所有権は注文者へ完全には移動していない。しかし、支払い前でも引き渡しをしないと、表示登記所有権保存登記ができない。

 引渡の時には、請負者から実印をおした引渡証明書が発行され、請負者の資格証明書印鑑証明書や鍵一式などをわたし、建築された建物が名実ともに建築主の所有になる。

 ただし、完成時の支払いが残った場合には、引渡証明書を受け取ったが、残金を支払う旨の念書を発注者が書くこともある。

 引渡し時にも残工事があった場合には、残工事を行う旨の念書などを、請負者が入れることもある。

 その後、注文者によって表題登記がなされ、所有権保存登記がおこなわれる。
広告
hikiwatashi
TAKUMI Amazonへ