建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


火打ち(梁)(ひうち:ばり)
 火をつけるための石を火打ち石といい、その形が三角だったことから、三角形に入る部材を火打ち梁と言う。

 、そして土台などの水平部材にたいして、隅角部に45度に入れる構造材を、火打ち梁とか火打ち土台という。

 火打ち土台はそれほど重要でもないが、桁と梁を結ぶ火打ち梁は構造耐力上重要な役目を果たしている。

 かつては90×90もしくは105×105程度の木材を使ったが、最近では下の写真のような金属製の火打ち梁が多く使われる。

 剛床として、火打ち梁を使わない根太レス後方も登場してきた。
広告
写真は(株)タナカのカタログから
TAKUMI Amazonへ