建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ハーフティンバー(はーふてぃんばー)
 外壁がみえる木構造のこと。

 ティンバーとは木材のことで、壁のなかに木材が半分ばかり見えるので、ハーフティンバーという。北ヨーロッパや古いイギリスの建物に見られる。

 我が国でいう真壁造りの建物のことだが、柱や筋違(すじかい)、窓台などが外部から見える構造である。

 柱間の外壁は漆喰煉瓦で埋めたので、白い壁に木材が見える。

 外部を真壁にすると、壁雨仕舞いが難しく、柱型(付け柱)を貼り付けてハーフティンバー風に見せた建物もある。
広告
half
写真はウィキペディアから
TAKUMI Amazonへ