建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


爆裂(ばくれつ)
 鉄筋コンクリート中の鉄筋が錆びて、膨張しコンクリートを押し出した状態。

 コンクリート中の鉄筋は、空気触れないようにコンクリートで遮断されているので錆びることはない。しかし、クラックなどから水が入ったりすると、鉄筋が錆びて膨張しコンクリートを破壊する。

 コンクリートが鉄筋の膨張によって破壊される現象を爆裂といい、施工時に鉄筋が片寄って被り厚が確保されていないとおきやすい。

 爆裂が起きてしまったら、コンクリートをハツリAとって鉄筋を露出させ、ケレンしたうえ錆止め(塗装)をして、モルタルで丁寧に埋めることが必要である。

 放置すると、爆裂が進んでしまう。
広告
bakuretsu
写真は(株)エスジーのサイトから借用
TAKUMI Amazonへ