建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


版築(はんちく)
 昔に使われた基礎や土を作る方法。

 木製の枠のなかに、深さ10センチくらいの土、小石や砂利、藁や粘土を入れて、などで密実に突き固める。その後、枠を外して上部に枠を組み直して、同じ作業を続けて、高い基礎や土塀をつくっていく。そのため、完成すると横に縞模様が現れる。

 現在作られているのは、版築工法を真似たもので、ほとんどがセメントを混ぜている。

  版築は頑丈だが、おそろしく手間がかかる。我が国では、もはや使っていない。
広告
TAKUMI Amazonへ