建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


半田付け(はんだづけ)

 鉛とスズを主成分とした合金のはんだを、熱で溶かして接着剤として用いることにより、鉄や銅、真鍮などの金属を接合すること。

 蝋付けと呼ばれる溶接の一種。電線の接続などに半田鏝を用いて、糸半田で溶着作業をした。

 最近ではリングスリーブなどの代替品が登場してきたので、半田付けは少なくなった。下の写真は糸半田。

 板金屋がトタンブリキの接合にも、半田付けを使用した。こちらは接合する部材が大きく、大きな熱量を必要とした。そのため、半田鏝も大きく半田も棒半田をつかった。

広告
TAKUMI Amazonへ