建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


番付け(ばんづけ)
@ 木造軸組工法の建物を、移築・復元を予定して解体するときに、目印のために付ける符号。


A 上棟にそなえて施工場所を特定し、などの位置を示すために付けられた、番号もしくは符丁。

 下の図のような絵図板に書かれた、文字と数字の組み合わせである。

 番頭から見た柱面に、番付けを書くので、番付けを見ることによって柱を立てる向きがわかる。

 番付けの数字やいろはの書かれた直線を通りといい、下図のAの柱は、<は通り>と<2通り>の交点にあるので、<はの2>にあるという。
広告
TAKUMI Amazonへ