建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


(はら)
@ 長方形断面の部材の短手方向の寸法のこと。長手方向は背(成)@という。
 

A 立木のときに太陽に当たったのとは反対になった方。つまり部材の北側に面した方。

 木材は太陽のほうに凸に曲がるが、曲がった丸太を角材に製材すると、下の図のような木理になる。このときの木目は湾曲して表れる。

 その時の凹側になるほうを腹といい、反対側を背(成)Aという。

 木材は製材後も、背のほうへと凸になりたがる性質が残っている。丸太のままの場合はもちろん、角材として用材するときにも背を上に、腹を下にして使うのを原則とする。

 上に凸状の横架材荷重をかけると、下へと撓むが加重を外すと、元の状態へと戻る。
広告
A
図は金竜堂「建築雛形」から
TAKUMI Amazonへ