建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


桔木(はねぎ)
 を深くだしたときなどに、屋根の内部から屋根勾配なりに入れて、軒先を支えるために使う部材のこと。

 土居桁を中心にして、建物内外で天秤のようになって、軒 先を吊って支えることが多い。通常は垂木で軒先を支えている。

 桔木は根のほうであるを軒先のほうにし、末(ウラ)を室内側にするのを定法とする。

 万が一、軒先が下がったときには、桔木を調節することによって、軒先を上げることができる。

 軒を深く出したい農家や社寺建築に使われることが多い。

 跳ね出しベランダ納まりは、この応用である。 
広告
図は理工学社「入母屋・寄せ棟の工法」から
TAKUMI Amazonへ