建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


幅木(はばき)
 和室を除く、つまり大壁仕上げの室内において、壁と床が取り合う部分に、取り付けられた水平材。

 以前の幅木は10センチ程度の高さがあったが、最近は高さは5センチ内外である。

 幅木は背(成)が高いほうが重厚な感じがし、低くなるとシンプルな感じになる。車椅子を用いるときは、30センチ程度にすると壁が傷まない。

 壁にビニール・クロスを用いると、ビニール製のソフト幅木を使うことが多い。

 通常は出幅木とすることが多いが、壁より幅木が引っ込んだ入幅木にすることもある。

 真壁仕上げにした部屋をフローリング貼りにすると、を勝たせるべきか幅木を優先すべきか、悩むことになる。柱を勝たせても、下のような苦しい納まりになる。

参考=雑巾擦れ寄せ
広告
TAKUMI Amazonへ