建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


パッシブソーラー(ぱっしぶそーらー)
 パッシブとは機械力に頼らず、建築の工法やデザインの工夫で、自然エネルギーを受け身的に利用していくもの。アクティブの反対概念である。

 太陽光発電パネルなどを用いるアクティブソーラーにたいして、パッシブソーラーハウスは機械力を使わない。

 温熱環境の調節は、間取りの工夫、断熱の施工などによっている。具体的には、南面に大きな開口部をもって、冬は陽を取り入れ、夏は風を取り入れて、快適な環境を作ろうとするものである。

 パッシブ設計の場合、その住宅全体の設計全体が、通風や保温を考えてなされるので、目に見えない工夫が多く、なかなか評価されにくい。

 冷気を蓄えることも考え得るが、機械力の導入になりやすく、パッシブから遠ざかりがちになりやすい。

 個々の住宅にあった温熱環境を、建築だけで実現するよう設計された家を、パッシブソーラー・ハウスという。
広告
TAKUMI Amazonへ