建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


肌分かれ(はだわかれ)
 下地とその上に重ねたものが剥がれている状態のこと。

 肌分かれは<浮き>ともいい、たとえば、コンクリートの上にモルタルなどを塗り重ねたとき、両者が剥離してしまう現象をいう。

 コンクリートに目荒しをし、接着剤を塗ってから、モルタルをぬると肌分かれしにくい。

 コンクリートの打継ぎ部が分離することも肌分かれといい、肌分かれを防ぐためには差し筋をして打設すると良い。

 しかし、一度乾燥したコンクリートは、新たにコンクリートを打っても一体化することはないので、打継ぎ目地をもうけてコーキングを打ったほうが良い。
広告
TAKUMI Amazonへ