建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


端金(はたがね)
 木材などの二材を固定する道具である。

 長細く棒状の金物に、自由に動きかつ蝶ネジで固定できる金物をそなえ、反対側の端部に捻子で押して移動できる部分をもったた器具。

 自由に動く金具を材によせて固定し、その後、ネジを締めることによって、強固に寄せ合わせることができる。

 端金は大・中・小など長さ・大きさはいろいろとあり、幅広の材を固定できる。下の写真は全長30センチのもの。

 クランプも固定する金物だが、クランプは溶接時の仮止めなど、金属加工に使われることが多い。
広告
TAKUMI Amazonへ