建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


(はぜ)
巻鉤(まきはぜ)
 板金工事における細工で、両材の端部を折り曲げて巻き込んで接合する方法のこと。

 トタン板や銅板など金属の薄板をつなぐ方法である。2回巻くと、巻き鉤と呼ばれる。

 巻く部分に吊り子を一緒に巻き込み、吊り子を野地板などに釘打ちすることによって、表に穴をあけずに固定できる。吊り子は銅板葺きの仕事に使われることが多い。

 接着剤を使わないので、ハゼ部分が金属の伸縮に追随し、広い面積であっても歪まない。巻きハゼは漏水に強く、谷樋に用いられる。

 最近は屋根が鈍い勾配でも、雨漏りしにくい縦ハゼ(葺き)が普及してきた。
広告
TAKUMI Amazonへ