建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


配置(図)(はいち:ず)
 配置とは敷地のどこに建物を位置させるかを示すことで、位置関係を図面としたものを、配置図という。設計図書の重要な一部である。

 方位、道路の幅員と敷地の外形が示され、道路境界線もしくは隣地境界線からの離れの距離が明示される。

 離れの寸法は、外壁芯からではなく外壁面から境界までのもので、有効寸法とよばれる。建築確認申請時には、配置図に(有効)といった記載を求められることがある。

 外構工事の範囲や、延焼の恐れのライン、敷地の高低差や建物の高さなども、記入されていることが多い。

 駐車場庭園(灯)などの外構も表示されるが、相互の位置関係を示すにとどめ、それらの詳細は別の図に起こされることが多い。
広告
 
TAKUMI Amazonへ