建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


羽重ね(はがさね)
 幅広板の一部をうすく削り、削った部分を連続的に重ね合わせていくこと。

 板を薄く加工しないで重ねると、傍(側)が厚いため大きく見えてしまう。下になる見え掛かりのほうは20ミリ程度薄く削り、上にのせるほうは小穴を浅く突き、下の図のように反りやすくする。

 下の図は天井板の納まりで、これに稲子をつけて板同士の口が開かないようにする。

 竿縁(さおぶち)天井羽目板などに使われる。
広告
 
図は理工学社「建築の造作図集」から
TAKUMI Amazonへ