建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


排水(はいすい)
 使用済みの水を、建物や敷地の外へ排出することを排水という。

 敷地はともかく建物の内部に入った水は、外部へと必ず排出されなければならない。排水には、汚水排水雑排水(=生活排水)、それに雨水の排水がある。

 汚物を流す汚水排水は、φ75〜φ100の排水管を使い、雑排水はφ50程度の排水管を使う。両者は建物内では別系統とするが、敷地内で合流させて公共下水などへ放流することが多い。

 敷地の道路(境界線)付近に、最終枡(=公設枡)を設置して、公共下水へと流すことが多い。

 公共下水が整備されている地域では、敷地内に浄化槽を設置せずに、生放流することができる。しかし、雨水は浸透式などを用いて、敷地内で処理することが望ましい。
広告
 
広告
排水用配管

・ 鋳鉄管(CIP)−耐食性にすぐれるが、施工性が悪い。防火区画を貫通する前後メートルは、耐火性能が要求されるが、最近ではトミジ(管)を使うほうが多い。

・ 硬質塩化ビニール管(VP or VU)−安価で、もっとも多く使われている。VPは肉厚管、VUは肉薄管である。

・ 塩化ビニールライニング鋼管(VLP)−ライニングを施した管で、耐食性に優れる。

・ 石綿二層管(TMP-VP)−トミジ管ともいい、塩ビ管を石綿スレートで覆ったもので、防火区画を貫通できる。
TAKUMI Amazonへ