建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


(のみ)
 木材に穴をあけたり、溝を掘るのに使う工具。

 細長い刃と柄から成り、玄翁で柄頭を打ったり、手で押し たりして穴をあけ、または削る道具。

 刻み仕事につかう叩き鑿と、造作仕事につかう追入れ鑿
があり、叩き鑿は頑丈であり追入れ鑿は華奢にできているが、構造は同じである。下の図は追入れ鑿である。

 叩き鑿と追入れ鑿は玄翁で叩いて使うが、手で押して使う突き鑿などがある。鑿は仕事に応じて用意するので、鏝鑿など種類が非常に多い。

 鑿の裏側は、卵形のようになっており、鉋(カンナ)糸裏に対して、ベタ裏とよばれる。最近では、刃先だけ交換できる変え刃式もある。

  鑿についてもっと詳しくは、鑿(のみ)をクリック。 
TAKUMI Amazonへ