建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


登り桟橋(のぼりさんばし)
 建築工事に従事する作業員が、歩いて上り下りできるようにしたスロープ状の仮設通路のこと。

 人力による材料の運搬通路としても使われ、足場と一体の構造で設けられるものをいう。

 足場を構成する丸太単管と同じものが使用され、登り勾配は30度以内とされる。道板はすき間のないように敷き並べ、滑り止めを取り付け、高さ75〜105cmの位置に手摺りを設けなければならない。

 しかし、登り桟橋をつくるためには広い面積が必要なため、最近では使われないことが多い。

 下の写真の梯子状の階段も上り下りに使うものだが、登り桟橋としては急すぎる。
広告
TAKUMI Amazonへ