建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


(のこぎり)
 木材を切断するための道具で、細長い鋼板の片側もしくは両側に刃が切ってある。

 片方だけに刃のあるのは片刃鋸(かたばのこ)といい、両側に刃のあるのを両刃鋸(りょうばのこ)という。刃は歯振りといって、一本おきに左右に振られている。

 木材の繊維を直角に切断する横挽きと、平行に切断する縦挽きがある。使うに従って刃が減るので、目立てが必要である。

 最近ではゼットソーなど、使い捨て鋸が普及したので、目立てなどの手入れは不要になった。

 細かい細工は8寸など、荒仕事には1尺以上の鋸を使う。8寸とか1尺は鋸の長さでもあるが、8寸目とか尺目といって刃の大きさでもある。

 電動の丸鋸とゼットソーが広く普及したので、下の写真のような昔ながらの鋸は出番が少なくなった。

 金物を切るのは、金鋸(ななのこ)とか弓鋸という。

もっと詳しくは、<鋸(のこぎり)>をクリックしてください。
広告
TAKUMI Amazonへ