建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


軒反り(のきぞり)
 外壁より外側にでた屋根の下の部分をとよぶ。

 軒先の下がりを防ぐために、から外の部分の隅木を上方にカーブを付けた。このカーブを軒反りと言い、屋根の中心から反る総反りと、桁から外の軒先だけ反らせる真反りがある。

 社寺建築や昔の住宅建築では、屋根を軽快に見せるため、屋根に凹のカーブを付けた。このカーブを<反り>とか<照り>とよぶ。

 軒先の部分だけではなく、からゆるくカーブ描くようにすると、きれいな曲線ができる。
広告
理工学社「入母屋・寄せ棟の工法」から
TAKUMI Amazonへ