建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


年季(奉公)(ねんき:ほうこう)
 年限を決めて徒弟修業をすること。

 職人としての技術を身につけるには、かつては親方と呼ばれる人の元で弟子となって、年限を決めて徒弟修業する以外に道はなかった。

 こうした徒弟修業を年季奉公といい、決められた年限を年季といった。住み込みで行われることが多く、食糧や日用品は支給されたが、日当は支払われなかった。

 戦前の年季は10年だったが、徴兵検査が始まってからは5年に短縮されていった。年季が終わることを年明けといい、年明けによって一人前の職人として認められた。

 年明けには親方がお祝いの席を設けてくれ、自転車などを祝い品として弟子にくれることもあった。

 年明け直後の年間は、技術を身につけさせてくれたお礼の意味で、無償で従事した。これを礼奉公といった。

参考=西行 
広告
 
 
TAKUMI Amazonへ