建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


捻子(ねじ)
 円形断面の棒状金属に、螺旋状の溝をつけたもので、2材を締結するためにつかう。小さいものはビスともいう。

 棒状の外周部に溝をきったものを、雄ネジとかボルトと呼び、内側に溝を切ってあるリング状のものを、雌ネジとかナットとよぶ。そのため、雄ネジと雌ネジで対となって、使用される。下の写真左。

 木材に使う捻子は、円錐状の棒状金属に溝が切ってある。木材がナットの役目を果たすので、雄ネジだけで使われる。下の写真右。

 溝の凹凸をネジ山といい、ネジ山のピッチが合わないと、使えない。我が国で捻子が使われるようになったのは、明治以降である。 

参考=
広告
nen
TAKUMI Amazonへ