建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


二低層(にていそう)
第二種低層住居専用地域
(だいにしゅていそうじゅうきょせんようちいき)
 都市計画法の9条に定める用途地域の一種である。

 第二種低層住居専用地域が正確な表記だが、二低層と省略して言われるほうが圧倒的に多い。一低層についで厳しい規制がかかっている。
 
 原則として階建てまでの住宅系建物しか建築できない。兼用住宅にあっては、非住宅の部分が50u以下で、かつ延床面積の1/2以下でなければならない。
 1階を店舗にして2階を住宅にする場合は、総二階であっても階段部分が住宅専用であれば、住宅部分が1/2を超えるので可能である。

 建坪率は30、40、50、60%のいずれか、容積率は50、60、80、100、150、200%のいずれかに制限されている。
 絶対高さ制限があるので、隣地斜線制限は適用されないが、北側斜線は適用される。また、軒高が7メートルを超えると、日影(規制)がかかってくることが多い。
広告
 
TAKUMI Amazonへ