建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


縄延び(なわのび)
 実面積よりも広い場合の測量誤差のことを縄延びといい、まれだが狭い場合を縄縮みという。

 土地にかかる税金を安くしようと、計測に使う縄を操作して面積を狭く申告したので、縄延びという言葉が生まれたともいわれる。

 現代では登記のための測量は、トータル ステーションなどの光学器械をつかうので、測量誤差はきわめて小さい。しかし、荒縄をつかって測っていた時代には、誤差が生じることが多かった。
広告
 
TAKUMI Amazonへ