建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


生コン(なまこん)
 工場でセメントと骨材(砂利)を練り混ぜたコンクリート

 生コンはコンクリート・ミキサー(車)で攪拌しながら、現場まで運ばれてくる。コンクリートの仕様を電話などで指定すれば、望む性能がでることから現在では、現場練りのコンクリートは消滅した。

 現場に搬入された生コンのスランプが大きい場合には、荷下ろし時間を遅らせるとスランプが小さくなって、コンクリートの性能が回復することがある。

 スランプが小さい場合には、出力の大きなバイブ(レーター)を使えば、打設できることが多い。 

 工場出荷後、30分〜1時間程度で使わないと、材料が分離して使えなくなる。下の写真は11トンのコンクリート・ミキサー車の生コン排出口である。
広告
TAKUMI Amazonへ