建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


生打ち(なまうち)
 コンクリートに直接に埋め込むこと。

 コンクリートの壁面などに何かを埋め込むときに、箱抜きしておいて、打設後にはめ込むのではなく、コンクリート打ちと同時に打ち込むことを生打ちという。
 たとえば、サッシなどをコンクリート打設に先立って建て込んでおき、コンクリート打設後に型枠を外したときには完成しているようにすること。
 生打ちは部材とコンクリートの密着は良くなるが、コンクリートが充分に廻らなかったり、打ち込む物を傷つけたりする恐れがあるので、現場代理人である監督は嫌がる。
広告
TAKUMI Amazonへ