建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


透視図(とうしず)
 遠近感をもった図法によって描かれた図のことで、パースともいう。

 立体の平行線は延長していくと必ず交わることから、立体を遠近感があるように描くには、各点を交わる点(=消点)へと絞り込むように表現する。

 こうした図を透視図といい、透視図法を使って建物の完成予想図を描く専門家がいる。

 消点を1点とするものは、室内を正面からカメラで撮ったようになり、2点とすると建物の角から見たようになる。3点とすると、上方から見下ろした、もしくは下方から見上げたものとなる。

 消点を上部遠方に求めると鳥瞰図や俯瞰図になる。
広告
toushi
 
TAKUMI Amazonへ