建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


通し柱(とうしばしら)
 1階と2階を貫通するで、通常は2階の4隅に使われる4本の柱。

 管柱が3寸5分(105ミリ)角であるのに対して、構造上の細長比の関係から、4寸(120ミリ)角が使われる。通し柱には胴差がからんでくるため、断面欠損が大きくなりがちである。

 柱の断面積の1/3以上を欠き取ることは、構造耐力が低下するので許されていない。しかし、間取りの中央部分に通し柱を設けると、四方から胴差が絡んでくるため、大きく断面欠損されることがある。その場合には、金物や木材等による添え板補強などをしなければならない。

 通し柱を配置する位置を間違えると、建て方ができなくなることがある。

参考:有効細長比
広告
野地(板)  B 棟木  C 棟束  D 母屋  E 軒桁
F 小屋束  G 垂木  H   I 窓台  J マグサ
二階根太  L 胴差  M 通し柱  N 管柱  O 間柱
筋違  Q 土台  R 根太  S 大曳き(引き)  T
基礎
TAKUMI Amazonへ