建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


道路(境界線)(どうろきょうかいせん)
 建築でいう道路は、原則として幅員が4メートル以上のものをいい、建築基準法42条で道路と認められたものだけをいう。

 道路と認定されていないものは、道路の形状をなしていても、建築のうえでは道路扱いされないので、敷地が接していても建物を建てることはできない。
 敷地に接する道路との境界部分を道路境界線という。道路の幅員が4メートルに満たない場合、当該道路が42条の2項道路扱いになっていれば、敷地側に幅員4メートルが確保できるように、道路境界線をセットバックする必要がある。 

参考=隣地境界線
広告
TAKUMI Amazonへ