建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


胴貫(縁)(どうぬき:ぶち)
 胴貫とは、真壁から柱へと貫通するのうち、中間より下に取り付く貫。下の図の左側の図が胴貫で、通常の貫のようにを使って締めることもある。

 胴貫はかつては構造材でもあったが、現在では壁下地をうける胴縁を兼ねることが多く、胴貫と胴縁は同じものを差している。

 胴縁とは、大壁の壁下地として、合板石膏ボードなどを取りつけるために横に流す下地材。厚さ15ミリ、背は45ミリもしくは90ミリが使われる。
 下の図の右側が大壁に付く胴縁である。
広告
TAKUMI Amazonへ