建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


凍結線(とうけつせん)
 地表に近い凍結する部分。

 地中はおおよそ17度と年中一定であるが、冬場に外気温がマイナスに下がるような寒冷地では、地表部分は外気の影響を受けて、地表から下の一定の深さまで凍結する。この凍結する深さのことを凍結深度とよび、凍結する水平面を凍結線という。地域によって深さがちがう。
 地面が凍結すると、膨張して地盤が押し上げられるため、建物や地中の配管類が持ち上がってしまう。それを防ぐために、基礎のベースや配管類は、凍結線よりも深いところに設置する必要がある。
 建築確認申請時に建築主事から指摘があることが多い。
広告
TAKUMI Amazonへ