建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


砥石(といし)
 刃物を研ぐための石のこと。

 砥石は、荒砥、中砥、合せ砥(仕上げ砥)と、3種類の順に細かくなっていく。天然の砥石は産出量が少なくって高価になっており、安価で均質な性能が確保できる人工砥石に変わっている。
 天然砥石には水で湿らせる程度で砥糞を落とさぬように使うが、人工砥石は充分に水を吸わせてから使用すること。荒砥は200〜300番程度、中砥は800〜1200番程度、仕上げ砥は4000番以上くらいが使われている。

 刃物と接する砥面(とづら)を、刃物の刃線と一致させないと、望む研ぎができない。そのため、砥台もしっかりしたものが必要である。下の写真のうち、上は天然の仕上げ砥、下は人工の中砥である。
 砥石は砥台にのせて使うものだが、立って研ぐ場合には砥台の意味があまりない。
 しゃがんで研ぐ場合には、台の斜めの部分を足で踏んで固定し、額を砥石の上に乗せるような気持ちで使う。なお、砥面(とづら)は常に平面を保たないと、刃物が丸刃になってしまう。

もっと詳しくは砥石について
広告
TAKUMI Amazonへ