建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


樋(受金物)(とい:うけかなもの)
 屋根から雨を地上に導くものを樋という。

 水平な部分を軒樋、 垂直な部分を縦樋という。軒樋と縦樋の接合部に設ける升を鮟鱇(アンコウ)という。
 かつて樋は亜鉛鉄板製だったが、現在では塩ビ製にかわった。 また、ガルバリウム鋼板製やステンレス製が登場している。丸樋が主だったが、角樋も使われている。

 屋根のためには、樋はない方がよく、そのまま下に雨水を落とすほうが自然である。垂れ流しとするときには、汚れた土が跳ね返らないように、 地面の上に小石などを敷くとよい。<とよ>と言われることもある
 下の図は樋受け金物を示したものだが、打ち込み金物を鶴首、つかみ金物をデンデンと俗称する。 
広告
理工学社「建築用語辞典」から
TAKUMI Amazonへ