建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


電流(でんりゅう)
 電気の流れる量、つまり電気の通過する量のこと。A(アンペア)という単位であらわす。

 通常の住宅では、30A〜60Aが使われている。最初に電力会社のとの契約により、いずれかのアンペア数を選んで分電盤に30A〜60A用のブレーカーを設置する。

 契約した量より多くの電流が流れようとすると、ブレーカーが落ちて電流を遮断する。

 電気の総量は、電圧と電流によって決まり、600Vをさかいに低圧と高圧に分かれる。電気は滝に例えられ、落ちる高さが電圧であり、落ちる量が電流である。
広告
 
 
TAKUMI Amazonへ